ホーム  講師紹介

講師紹介

原田幸一郎(ミュージックディレクター、ヴァイオリン)

桐朋学園で学び、ジュリアード音楽院にてポール・マカノヴィッキー、ドロシー・ディレイ、イヴァン・ガラミアンの各氏に師事。1969年に東京クヮルテットを結成。サウス・バンク、タングルウッド、モーストリーモーツァルト、スポレト音楽祭、クフモ、ロサンゼルスやバンフ等の世界各地の音楽祭に出演。ドイツ・グラモフォン、CBS、RCA等でレコードをリリースしており、グラミー賞に数回ノミネートされる。ステレオ誌で、ベスト・レコード・オブ・ザ・イヤーを受賞。1988年には指揮者として新日本フィル演奏会でデビューし、指揮者としても活躍している。また、ロン=ティボー、ミュンヘン、オイストラフ、ハノーヴァー、ロンドン、ソウル等、数多くの国際コンクールの審査員を務めている。現在、桐朋学園大学教授、東京音楽大学特任教授、ならびに韓国国立芸術大学客員教授。また、マンハッタン音楽院のファカルティーとしても後進の指導にあたっている。いしかわミュージックアカデミー音楽監督。

ナムユン・キム(ヴァイオリン)

ソウルでヴァイオリンを学び、ジュリアード音楽院ではイヴァン・ガラミアンとフェリックス・ガリミールの各氏に師事。ティボール・ヴァルガ、ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルスなど、ヨーロッパやアメリカの主要なコンクールにおいて最高位に輝く。これまでに、KBS響、上海響、シンガポール響、ロイヤル・フィル、サンクトペテルブルク響といった世界有数のオーケストラと共演。モーツァルトのヴァイオリン協奏曲をザグレブ室内管弦楽団と録音するなど、国際的ソリストとして活躍。また、韓国国立芸術大学の教授として後進の指導にあたるかたわら、世界各地でマスタークラスを行うなど、韓国を代表する教育者として知られている。台湾、シンガポール、東京、仙台、シオン、ハノーファー、チャイコフスキーなどの国際コンクールの審査員を務める。

レジス・パスキエ(ヴァイオリン)

わずか12歳でパリ国立高等音楽院のヴァイオリン科と室内楽科を一等賞で卒業。その2年後にはニューヨークでリサイタル・デビューを果たした。これまで、ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団をはじめ、日本、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、南米など各国の主要オーケストラと共演。室内楽奏者としても精力的に活動しており、ジャン=クロード・ペネティエ、ロラン・ピドゥと共にパリ・ピアノトリオを結成。ジョルジュ・エネスク賞、シャルル・クロス賞、フランスのレコード・アカデミー賞などの受賞歴を持つ他、フランス政府より文化勲章を与えられる。1985年から2011年までパリ国立高等音楽院ヴァイオリン科および室内楽科の教授を務める。使用楽器は1734年製グァルネリ・デル・ジェスの「クレモナ」。パリ・エコール・ノルマル音楽院教授。

ロラン・ドガレイユ(ヴァイオリン)

芸術家一家に生まれ、幼い頃より音楽の才能を発揮する。弱冠9歳でボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団との共演でデビュー。パリ国立高等音楽院を首席で卒業。P.ドゥカン、Y.メニューイン、S.ヴェーグ、J.ギンゴールド、I.スターンの各氏に師事。ロンドン、ナポリ、ベオグラード、シオン他多くの国際コンクールで優勝。22歳でパリ国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターに就任。現在はパリ管弦楽団のコンサートマスターを務める。ソリストとしてP.ブーレーズ、H.V.カラヤン、小澤征爾、L.マゼールといった指揮者と共演。室内楽ではラヴェル・カルテット、サルトリー・トリオを創設。また、Yメニューイン、C.エッシェンバッハ、H.グリモーらと共演。録音活動にも意欲的で、ヴァイオリン協奏曲や室内楽曲など多数の録音がある。ダリウス・ミヨー賞受賞。これまでの功績により国家功労シュバリエ勲章とパリ市勲章を授与された。多くの国際コンクールの審査員を務めるほか、パリ国立高等音楽院で後進の指導にあたっている。使用楽器は1708年製のストラディヴァリウス“Txinka”。

ホァン・モンラ(ヴァイオリン)

1980年上海生まれ。4歳でヴァイオリンを始める。8歳で上海音楽学院に入学しリナ・ユー教授に師事、2005年に修士課程を修了し史上最年少で同音楽学院の教員となった。その後、英国王立音楽院でジェルジ・パウク、リューベック音楽大学でトーマス・ブランディスのもと研鑽を積んだ。01年仙台国際音楽コンクール第1位および聴衆賞を受賞。また、上海の春国際音楽祭で最優秀演奏賞を受賞。02年にはパガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールで優勝し、同時にレナード・バルビエーリ記念賞およびマリオ・ルミネルリ記念賞を受賞した。これまでN.ヤルヴィ、J.ノット、T.ダウスゴーなどのもと、バンベルク響、シュトゥットガルト放送響、バーゼル響、デンマーク国立響、N響をはじめとする数多くのオーケストラと共演。現在、上海音楽学院教授。

神谷美千子 (ヴァイオリン)

桐朋学園大学音楽学部ソリスト・ディプロマコースを首席で修了後、ジュリアード音楽院にてドロシー・ディレイ女史に学ぶ。1992年パガニーニ国際コンクール第2位。97年ハノーファー国際コンクール優勝。これまでに、N響、読響、ロンドン・フィル、北ドイツ放送響等、国内外の著名なオーケストラと共演。C.デュトワ、C.ミュンフン、R.バルシャイ、原田幸一郎等の著名な音楽家との共演も多い。アスペン、ヴェルヴィエ、クフモ等、世界各地の音楽祭にも参加。また、室内楽への取り組みも意欲的である。これまでに、原田幸一郎、川崎雅夫、ドロシー・ディレイ、ジョルジュ・パウク、店村眞積、三善晃、東京クヮルテットらに師事。2006年よりパリに在住、国際的な演奏活動を続ける傍ら、パリ・エコール・ノルマル音楽院にて教鞭をとるなど、指導者としても幅を広げている。2014年に帰国し、現在は桐朋学園大学音楽学部の非常勤講師として後進の指導にあたっている。

毛利伯郎(チェロ)

10歳よりチェロをはじめ上原与四郎、青木十良、ハーヴィー・シャピロの各氏に師事。室内楽をロバート・マン、サミュエル・ローズ、フィリックス・ガリミヤの各氏に師事。ジュリアード音楽院在学中より、ニューヨークを中心に演奏活動を開始、各地のオーケストラと共演。シークリフ・チェンバー・プレイヤーズ、シアター・チェンバー・プレイヤーズのメンバーとして多彩な活動を展開するかたわらアメリカ、ヨーロッパ各地の音楽祭に数多く出演する。1985年帰国。読売日本交響楽団ソロ・チェリストに就任。東京ピアノ・トリオ、桐五重奏団、ATMアンサンブル、水戸カルテット、その他多くのシリーズのメンバーやゲストとして出演し好評を博している。元読売日本交響楽団首席ソロ・チェリスト。桐朋学園大学教授。

ピオトル・パレチニ(ピアノ)

フレデリック・ショパン音楽アカデミーにてヤン・エキエル氏に師事。これまでに、ポーランド国立放送響、シカゴ響、ロイヤル・フィル、コンセルトヘボウ管、BBC響、ゲヴァントハウス管、読売日本響など、世界の一流オーケストラと共演を重ねているほか、プラハの春、シュレスヴィヒ・ホルシュタインなどの音楽祭にも度々招待されている。現在、ドゥシニキ国際ショパンフェスティバル芸術監督やショパン国際ピアノコンクール審査委員などを務めており、ポーランドにおける最も有名なピアニスト、教授としての地位を確立している。マスタークラスは、ボルドー、アムステルダム、パリ、ブエノスアイレス、東京、浜松、ルガーノなどで行っている。その優れた芸術的功績が認められ、ポーランド国内外より名誉ある数々の賞が与えられた。1998年にはポーランド大統領よりプロフェッサーの肩書きが授与された。現在、フレデリック・ショパン音楽大学教授。

江口文子(ピアノ)

桐朋学園高校音楽科を経て、桐朋学園大学ピアノ科に進学。伊達純氏に師事。在学時に渡欧。パリを中心に各地でリサイタル、室内楽、オーケストラ共演、伴奏等音楽活動を行う。その後、数多くの作曲家、演奏家を育て、特に国際的に活動するピアニストの育成に傑出した実績を持つ。また、音楽普及において、その活動は多岐に亘り、公開講座や公開レッスン、練習曲集の編纂、大人のレッスン等、幅広い音楽普及啓蒙活動を行う。全国各地及びヨーロッパ、アメリカ、アジアで講師として招かれる他、数多くの国際コンクールで審査員を務める。ヤマハマスタークラス主席講師を経て、現在、昭和音楽大学教授、同附属音楽・バレエ教室室長、同附属ピアノアートアカデミー主任教授、同音楽教育研究所所長、いしかわミュージックアカデミー講師、(社)全日本ピアノ指導者協会理事、ショパン国際ピアノコンクールin ASIA特別委員。

ハエスン・パイク(ピアノ)

ニューイングランド音楽院にてR.シャーマンとW.K.ピョンに師事。エリザベート王妃、リーズ、ウィリアム・カペル、チャイコフスキーといった数多くの国際コンクールに入賞。これまでに、M.プレトニョフ、S.ラトル、V.シナイスキー、D.キタエンコ、S.スクロヴァチェフスキ、MW.チョンの指揮のもと、ボストン響、ナショナル響、ロンドン響、KBS響、NHK響、バーミンガム市響、ミュンヘン・フィル、フランス放送フィルなどと共演。また、カーネギー・ホール、リンカーン・センター、ケネディー・センターといった著名ホールで度々リサイタルを行っている。10年間ソウル大学の教授を務めた後、現在はクリーブランド音楽院にて後進の指導にあたっている。大邱カトリック大学の「アーティスト・イン・レジデンス」や釜山音楽祭の芸術監督を務めるほか、多くの国際コンクールの審査員も務めている。
このページのトップへ